宮崎総合博物館
2005/7/28/

地図はこちら
暇な時に子供を連れて行くと意外と喜んでくれる場所のひとつに博物館があります。雨の日や暑い・寒いなどの逃げ場所としても最適ですね。
大人も結構楽しめてしまうので、僕は博物館が大好きです。しかもここは常設展示場に限り無料なのが嬉しいですね。

●開館時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 (※8月1日〜8月31日は、午前10時〜午後6時
●休館日
毎週火曜日(但し、休日と重なるときはその翌日)
国民の休日の翌日(但し、土曜日、日曜日、又は休日にあたるときを除く。但し、5月6日、11月4日は開館)
年末・年始(12月28日〜1月4日)
特別整理期間(あらかじめ館長が定めて公示する期間)
●入館料

・常設展入館料無料


宮崎県総合博物館

〒880-0053 宮崎県宮崎市神宮2丁目4番4号
Tel.(0985)24-2071 Fax.(0985)24-2199

オフィシャルHPはこちら
入り口には特別展示の案内と一緒にこんなものもありました。 常設展示場に入ってすぐ「しか」のはく製が迎えてくれます。 はく製は色々なジャンルを見ることが出来ます。
「考えよう自然との共生」をテーマに、自然破壊に繋がるケースなどが紹介されています。設置されているメガネを除くと詳しく見ることが出来ます。
ここの展示には体験できるものも多く揃えられています。顕微鏡を操って小さな生き物を観察したり、鳥の鳴き声を電話で聞かせてくれたりします。
大きなカブトムシの模型は気色悪かったです。 昆虫が隠れている姿が再現されています。わかり易かったです。 ヘビってはく製になっても気持ち悪いですね。
恐竜の骨格もたくさんありました。大きいですよね。 地面がガラス張りになっていて海が再現されています。愛乃は恐々歩いていました。
狩の様子です。 昔の生活が音声と人形で再現されています。 横穴式の墓場です。リアル過ぎてちょっと怖いです。
昭和初期の街並みが再現されています。何だか僕の実家を思い出して懐かしかったです。
家の中に入ることが出来ます。
僕の実家では、さすがにお風呂は石ではありませんでしたが、部屋の作りや雰囲気が育った環境と良く似ていたので、とても懐かしくなり子供たちにも色々と説明してあげました。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO