観音池公園
2006/3/21/

地図はこちら
久しぶりにタップリ遊ばせていただきました。滅多に昼寝なんかしない小学生の雪乃も、疲れきって施設内の温泉に入った後は爆睡していました。
遊具には少々のお金もかかりますが、遊園地に行ったつもりになれば安いものですし、売店なども無いので余計な物をせがまれる事も有りません。
今度はキャンプを兼ねて絶対に行ってみたい施設でした。


お問い合わせ・宿泊予約
観音池公園総合案内所
0986−58−6139
(8:30〜17:00)
観音池公園の遊具が集まったエリアにある案内板 桜は5分咲きでした。このエリアの近くに2千本の桜並木があります。
敷物を敷いてお弁当も良いのですが、このエリアはとにかく犬の糞が大量にありました。とても残念です。
普通の公園にある遊具もあります。
長〜い滑り台は子供に人気。 この遊具は幼稚園年長さんくらいからかな? ゴーカートもあります。二人乗り400円。両席ともハンドルが動くタイプと運転席のみ動くタイプがあります。
ここのゴーカートは距離が長いので楽しいですよ。 観覧車。4歳以上一回200円。 観覧車から公園内が一望できます。
バッテリーカーは雪乃も愛乃も大好き。 池には様々なボートがあります。今回は4人で乗れるハクチョウ2号に乗りました。800円(20分) 船長さん気分で大喜びの雪乃。
手漕ぎボートは3人までしか乗れません。

池にはアヒルもたくさんいますよ。
場所を移動して野外ステージのあるエリアに来ました。こちらには犬の落し物も無くシートを敷いてゆっくり遊べますね。我が家のルール「自分の分は自分で作るおにぎり弁当」も美味しく食べることができました。
ここの公園は、芝生を傷める直火でなければ、バーベキューもOKです。たくさんのグループがバーベキューを楽しんでいました。
メイン広場は、無駄に広い芝生もあり、子供が走り回るには充分です。ボール遊びも楽しいですし、暖かい季節にはバチャバチャ池になる川もありました。それに宿泊施設も充実しています。バンガロウやキャンプ場があります。詳しい料金や案内は観音池公園総合案内所のHPをご覧ください。HP
自然環境も重要視しており、蛍の放流も行なわれています。
季節になったらたくさんの蛍が見れると良いですね。
時期には宿泊して観察に行きたいと思います。
夏にはプールも入れます。
幼児用プールも充実していました。
子供の喜ぶ施設は全て揃っている感じです。
公園の中央にある案内所です。HP 案内所裏の公園は、多くの家族連れで賑わっていました。 そりを持っていくと芝生の斜面を滑って遊べます。
案内所裏の遊具は子供に大人気です。長〜いローラー滑り台をメインに面白そうな仕掛けがたくさんあります。遊具の周りは芝生に成っていて、シートを敷いてゴロゴロしている人もたくさんいました。
案内所から道路を渡ったところにあるのが、いきいきふれあいランドです。ここは山を切り開いて作ったエリアで、斜面を利用した遊びが満載です。まずはリフトに乗って頂上に向かいます。途中下車のできる場所もあります。頂上からの眺めは最高です。この日は営業していませんでしたが、グラススキーや芝ソリも楽しめます。営業日についてはお問い合わせください。
リフト代100円(往復)
スライダーは楽しいですよ。
大人400円
子供300円
二人乗り500円(親・幼児)
全てリフト代込み料金
最初の直線。緊張しますね。
ここのスライダーは他の場所の物と違って、ハンドルの力を緩めるとブレーキがかかり、力を入れて押すとスピードが出る仕組みなので、放せば勝手にブレーキがかかるので子供でも安全です。
今までにもたくさんのスライダーに乗りましたが、これだけ長いのは今のところ初めてです。
とっても迫力もあって楽しかったです。
最後は施設内にある温泉を紹介します。遊びつかれた身体を癒せる最高の施設です。ここには温水プールもあり、まさに遊びの贅を尽くした感じです。さすがの雪乃ちゃんも入浴後は疲れきって休憩場で爆睡でした。(家族揃って爆睡なんですけどね)

営業時間 9:00〜22:00
定休日 毎週水曜日(祝日の場合はその翌日)
料金 大人(中学生以上)1回浴400円、小学生200円
 (1日浴:大人600円、小学生300円)

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO