つくばエキスポセンター

地図はこちら

日本の頭脳と言っても過言では無い場所が、ここつくばです。
その多くは非公開の研究施設ですが、エキスポセンターは誰でも自由に見学できる施設と成っています。
小さな子供から大人まで楽しめるエキスポセンターに一度行って見ては如何ですか?
オフィシャルHPはこちら

展示券 プラネ券(展示含む)
個人 大人 300円 700円
子供 150円 350円
団体
(20名以上)
大人 240円 560円
子供 120円 280円

開館時間:10:00〜17:00(臨時に時間変更をすることあり)
休館日:毎週月曜および最終火曜日。年末年始

住所:茨城県つくば市吾妻9−6
電話:   0298−58−1100


筑波学園都市のシンボル的存在の、実物大ロケット模型「H-Uロケット」が目印となっています。
広大な敷地の中は、大きな公園と成っていて、車の通行も規制されていますので、見学の前後にお弁当を広げて楽しむのも良いかもね!
2回展示場にある宇宙情報センター。
この一角には多くのPCが並んでいて、多くの情報を得ることが出来ます。
この日は、平日でしたのでガラガラでした。この写真の何処かに幸のが居るのですが解かりますか?
この回には多くの体験装置やゲームがあります。雪乃のは少し難しいのですが、大人の僕は非常に楽しかったです。
ちなみに、「宇宙飛行士適正ゲーム」では、僕には適正が無いことを思い知らされました。
二回展示場にある、宇宙ステーションドッキングゲームシュミレーション装置です。
これは、土、日、祭日にはなかなか出来ないほど人気があるそうですが、この日は独占していました。
画面を見ながらロケットを操作して宇宙ステーションにドッキングさせるのですが、これが非常に難しかったです。結局、10回ぐらいやりましたが一度も成功しませんでした。
みなさんも挑戦してくださいね。
時空を旅するタイムマシーンバス「サンクルーザー」は太陽系の謎を解き明かしてくれる3D立体シュミレーションシステムです。
大きな音と横に大きく傾いたりしますので、小さなお子さんは怖がるかもしれません。3歳の雪乃は結構楽しんでいました。
メガネが大人用しかないのが残念です。
この写真は、2回の3D映画のものです。
サンクルーザーは、大きなバスのような乗り物に乗って見ることになります。
これは、「しんかい6500」のシュミレーション内部です。
潜水調査船しんかい6500に乗って神秘的な海底の世界を冒険できます。
深海魚を中心に画像を見ながら勉強できます。
小さな子供でも楽しく見ることが出来ますので、是非乗ってみてくださいね。
こちらはタイムカプセルです。
このシュミレーションは、映像で過去の世界を体験できるものですが、内部が暗いので雪乃は怖がっていました。
しかし、ドアは開いたままに成っていますので、途中で出ることが出来ます。
過去のシュミレーションには、大変興味があったのですが、雪乃が怖がったため結局見れませんでした。
こちらは、プラネタリウムの内部です。
解かり難いですが、真ん中の映写機で360度の画像を映し出します。
当然、中は真っ暗ですが、雪乃は「お星様が一杯で綺麗だね!」と言っていました。
僕も初めて体験しましたが、これは一見の価値があると痛感しました。
上映内容は、一定の期間で変わるので、エキスポセンターに問い合わせてくださいね。
子供が飽きたら、「こどものくに」で気分転換しましょう。
多くの遊具はありませんが雪乃は充分に楽しんでいました。
でも、冬場は寒いのでそれなりの格好で遊んでくださいね。
その他の施設は、「レストラン」・「休憩室(お弁当を食べたり・・・)」・「授乳室」・「売店」・「コインロッカー(無料)」などがあります。

またまた遊びに行って来ました。2009年1月
台風並みの風を発生させる装置はかなり楽しいですよ。 シュミレーションゲームもたくさんあります。 頑張ってトレッドミルを漕げば花が咲きます。
雪も愛もバッテリーカーに乗って楽しんでいました。
100円ですが、けっこう長く乗ってられます。
前回訪問したときに、メガネがずり落ちていた雪乃も、もう10歳になりました。
竜巻を発生させる装置です。

子供には勉強になるし、大人も楽しめるのでお薦めの施設です。
センターの前の池には、鯉のえさが売っています。雪も愛も何故かハトにコイの餌をあげていました。手から食べるから楽しいよ。


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO